日本の仮想通貨の種類

HOME » 仮想通貨の種類 » 日本の仮想通貨の種類

日本の仮想通貨の種類

仮想通貨は特定の国が発行しているものではありませんから、世界中で売買や運用ができるものです。
発祥の地も世界各地でそれぞれあったりしますが、できれば日本で作られたものがいい人もおられるでしょう。
仮想通貨の種類の中で、日本に関係するものはあるでしょうか?

たとえばビットコインなど、提唱者は日本人の名前になっています。
その方が提唱した論文をもとに作られたのが、この仮想通貨です。
本当にその提唱者が実在するのか、本当に日本人なのかといった詳細はわかっていないのですが、一般的には日本人が提唱した仮想通貨とされています。
そのため、これは日本関係の仮想通貨といえますね。

ほかにはモナーコインも、日本関係の仮想通貨です。
モナコインと呼ばれることもありますが、これは日本の有名な掲示板のキャラクターをモチーフにして作られたもので、ビットコイン以上に日本発祥とされることの多い仮想通貨です。

これ以外に日本に関係する仮想通貨はあるかというと、ないわけではないのですが、有名なのは先の2種類になります。
ビットコインとモナーコイン以外のものはまだあまり知名度が高くなく、主要な取引所でも取扱いがないことが多いですね。
いわゆる普通の仮想通貨として利用しやすく、なおかつ日本に関係するものといえば、ビットコインとモナーコインだと思っておくといいでしょう。

これら2つを比較して、どちらがいいでしょうか?
より使いやすいのは、ビットコインの方です。
こちらは日本人名の論文が元になった仮想通貨ではありますが、現在は日本を含め、世界の各地で使われているものです。
通貨としても使いやすいですし、換金もしやすいですから、このような運用のしやすさを重視するなら、ビットコインの方が向いています。

モナーコインの方はどうかというと、ビットコインに比べると、知名度や使いやすさがやや下がります。
ただ、先にもご紹介したとおり、日本発祥の有名な仮想通貨といえば、現状はこのモナーコインが一番です。
日本で生まれた仮想通貨という条件を特に重視するなら、こちらを選ぶといいでしょう。

これは普通に売買できるものかというと、本当にマイナーな他の仮想通貨と比べると、ずっと使いやすいですよ。
日本の主要な取引所の中で流通していることもありますから、まだ持っていない人も新規に購入できます。
レートも比較的上がってきている仮想通貨ですから、将来性もあります。
日本に関係する主な仮想通貨というと、このような種類があります。